サーベリングのすすめ

サーベリングとは?


太刀魚をジギングで狙います。しかし、今ではジグの形状が歪な形のものやバイブレーションのような形もあり、バリエーションは多いです。
シャクリ方もその日のパターンでいろいろ変わりますし、ジグのカラーもアタリカラーがコロコロ変わりかなりゲーム性が高いです。
青物の外道と侮るなかれ!この釣りは数が釣れてなんぼ。経験者と未経験者では数にかなり差が出ます。
また、最近流行りのスロージギングの練習にはもってこいの魚です。

タックル


ロッドは先調子の竿が良いです。硬すぎると弾くことがありますので、穂先は柔らかい方がノリはいいです。
鯛ラバロッドもお奨めです。
専用の竿が一番良いですが、お手持ちのジギングロッド(ジグサイズが120gくらいシャクれるロッド)か鯛ラバロッドでも代用できます。

リールはベイトリールが良いですが、スピニングでも問題ありません。ただし、フォールでのバイトが多いので、やはりベイトリールの方が釣果は上がります。
ラインはPE1~2号が良いです。

ショックリーダー


ショックリーダーですが、ワイヤーにすると極端に食いは落ちます。できるだけワイヤーは利用せず、ナイロンのリーダーを使ってください。
ナイロンの30LBとPEをノットで結束し、30LBとジグの間に50㎝ほど80LBのリーダーをノット(オルブライトノット)で結束します。
ワイヤーよりこちらの方が食いは断然良いです。その代り、ジグが無くなることはありますが、80LBなのでそこまで切られません。
リーダーの長さは2ヒロで問題ありません。引きが強い魚ではないし、起伏が激しい場所でもないため、シビアになる必要はありません。
ただし、リールのドラグは緩めに設定してください。ドラゴンクラスはそれなりに重さもあるため、身切れします。

メタルジグ


お奨めは、安いジグです。ワイヤーでない限り、太刀魚の鋭い歯でやはり切られます。この釣りでジグは消耗品になります。
高いジグだともったいないので、安いジグが経済的です。ネットのオークションなどで1個200円から300円くらいでまとめ売りしているので、
それを購入されるのがいいと思います。
カラーに絶対はありませんが、紫は定番です。あと赤金、ピンクなどは気分で使い分けてください。シルバーのラメは当たれば他のカラーより爆発する時があります。
天草ではジグのサイズは100gを基準にすればOKですが、水深は40m~100mなどの深場を狙う場合もあります。その時の状況で変わりますので、事前にご連絡いただければジグのサイズは教えます。
ジグの種類はロングよりショートの方が良いです。ただ、共食いする魚なので、ロングジグも良いかもしれません。
フックは太刀魚専用のフックにしてください。フロント、リアの両方にセットします。
リアにかかることが多いです。

釣り方


通常のジギングと同じですが、ワンピッチを基本にシャクリ幅やリズムを変えてジグにアクションを付けます。
日によってアタリ方が変わるので、ポーズなどで食わせのタイミングを作ったりシャクリリズムに変化を入れるなど、いろいろ試してその日のパターンを調べましょう。
サーベリングの醍醐味は、数釣りにあります。しかし、アクションの付け方で釣果に差が出ます。いろいろなアクションでその日のパターンをつかみましょう。

↑ページの上部へ

予約のご連絡やご質問など、お気軽にお問い合わせください。080-1788-833519:00まで受け付けております。

メールでのお問い合わせはこちら