ヘダイの干物

ヘダイは鯛というよりグチに似て言います。
今回は簡単でできる干物を紹介します。
ヘダイに限らず、タチウオやアジなども同じ作り方でできます。

【材料】
ヘダイ(2キロで8人前ほど)
水:2L
潮:60g(水に対して2~3%※個人差あります。15%という人もいます。いろいろ試してみてください)

1.ヘダイを切り身にする。

3枚に下ろした魚を切り身にします。
大名おろしでも問題ありません。
魚は必ず水分をキッチンペーパーなどでしっかりと拭き取ってください。

2.塩水に浸ける。

2Lの水に塩を入れて、よくかき混ぜます。
塩分濃度は浸けこむ時間にもよるので、人それぞれです。
私は1時間浸けますが、20分という人もいます。
何回かチャレンジして、自分の好きな濃度、時間を探してみてください。

3.干物用の網で一晩干す。

しっかりと水気を切った切り身を干します。
干すときは、必ず晴れた日にします。雨天時や曇りでは水分が抜けないため、おいしくなりません。
1晩干せば十分です。

4.日持ちもしますので、余ったら干物にしましょう。

焼き加減は人それぞれですが、私は少し焦げ目があるくらい焼くのが好きです。
干物は保存食です。食べきれない魚は干物にして保存しましょう。
酒のつまみに最高です!旨味が凝縮して、酒が進みます。飲みすぎ注意ですね!

次の記事

イラの唐揚げNew!!